ファジーネーブル

その曖昧さを検索したい Twitter@bluemondayInc

池上永一『レキオス』沖縄という土地の混沌と美

自分でみつける音楽のためのWEBメディア|ZeroBeat

西暦2000年の沖縄本島を舞台にしたSF。主人公は混血の女子高生デニスだ。

沖縄を取り巻く政治的軍事的テーマと郷土神話を絡めながら、終盤になればなるほどファンタジックな仕掛けに発展する。

 

一番の見どころは、日本とアメリカの中間に位置する沖縄という土地の混沌と美の描かれ方だ。伝奇的な感のある壮大なプロットは、沖縄という土地の混沌と美を描くためのフックでしかない。コザ、那覇、ハンビータウン、天久、嘉手納、ムーンビーチ、セーファ御嶽、すべてがキラキラとドロドロと輝いている。池上永一はつくづく沖縄が好きなのだと思う。

 

 

個性豊かな登場人物たちも沖縄を引き立てる。黒い肌と縮れた髪、抜群の身体能力を備えたイマドキの女子高生デニス、正義感のある"平凡な"エリート将校ヤマグチ少尉、親友の理恵、天才科学者オルレンショー博士、抜群の占い的中率を誇るユタのオバア、時を越えた守護霊のチルー、CIA所属ブルネットの才女コニー、同じくCIA所属スケコマシでインテリのフェルミ、いかにも企みのあるヤマグチの上司キャラダウン中佐、秘密結社GAOTOの本拠地とされるスナック『ブルーチャイナ』を統括する女帝の劉、その部下たち、無垢な天才整備士クリス、おばかなギャルのヒロミ。ひとりひとりにドラマがあり、それが沖縄という土地でこそ輝き、沖縄という土地を輝かすドラマなのだ。

 

大胆なシナリオを肉付けして細やかに土地の風景が描かれる。そのひとつひとつに圧倒的な沖縄への皮膚感覚と教養、やさしく厳しい視線が宿っている。デニスと理恵がムーンビーチに繰り出すシーンには、池上永一の作家人生を影で支える美しい描写力が鮮やかに発揮されている。

 

安定感のあるプロットやロジカルな伏線回収を求める人にこの小説は向かないかもしれない。政治問題や、軍事問題への文学的な問いかけを期待するのもナンセンス。そんなことは置いておいて、ただただ世界観に浸りきりたい人にはオススメだ。フィクションがフィクションたるプリミティブな読書体験と、いつまでも耳に残り続けるオキナワンサウンドを保証できる。

 

 

レキオス (角川文庫)
レキオス (角川文庫)
posted with amazlet at 17.10.07
池上 永一
角川書店
売り上げランキング: 330,947